長期の沖縄旅行のデメリット

徐々に気になってくる?騒音問題

沖縄に長期間滞在していると、徐々に「騒音」が気になるようになってくる場合があります。というのも沖縄には米軍基地が点在しているので、頻繁に軍用機が行き来しているのです。軍用機が飛来すると、周囲の人の話し声がまったく聞き取れなくなってしまうほどの爆音が響き渡ります。朝方に飛んでいることも珍しくないため、軍用機の騒音で目が覚めるといったことも増えてくるかもしれません。
また、本州ではすっかり見なくなった暴走族やヤンキーも、沖縄では未だに健在です。静かなリゾート地に突然バイクの爆音が鳴り響くこともあるでしょう。短期滞在では気にならなくても、長期滞在となるとこういった騒音が悩みの種になる可能性はあります。

滞在期間が長いほどカビ繁殖のリスクは増える

沖縄というと暑い地域というイメージを持っている人も多いかもしれませんが、実は暑さよりも湿度の高さの方が強烈なことをご存知ですか?沖縄は風や台風によって海から湿気が運ばれてくるほか、頻繁に降る雨によって湿度が上がりやすい傾向にあります。
沖縄に長期旅行をしていると、湿度の不快さを強く実感するようになるはずです。対策を怠っていれば、持参した荷物にもあっという間にカビが生えてしまうでしょう。特に衣類やタオル、革製品などはカビが繁殖しやすいので、長期滞在する場合は注意が必要です。
ただし沖縄であっても冬は湿度が低くなるので、どうしても湿気を回避したい場合は寒くなってから旅行に行くというのも有効な手段です。

久米島のツアーでは、周辺地域の中でもずば抜けて美しく、神秘的な久米島の自然が持つ魅力を堪能することができます。

© Copyright Sunset On Okinawa. All Rights Reserved.